アウトドア好き こうすけの山ブログ

アウトドアな事が好きなこうすけによる初心者山ブログです。
自転車やスキー・ランニング、日々の出来事についても紹介します。

年明けウィンターシーズンに向けて…

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます。


今年も残す所あとわずか、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
やり残した事等ありませんか…?
私は…ありました



というわけで、
今回は山は山でも登山ではなく、スキーシリーズです。


スキーは、実は自分がやってきた趣味で一番長くやってきている趣味だったりします。
(4歳からなので、今年で年数だけで言えば22年目…)
長いな…
なので、雪山登山の経験はないが、雪山自体は結構行ってます。



さて
昨日、恒例の忘年会から帰ってからの事


あれ、なんか忘れてる気がするな…


しばし、長考


10分後…


あ、スキー板のメンテナンスしてない…!



実は年明け1月7日(土)から、毎年恒例の中高の時の友人でスキー仲間達との
スキー旅行があるのです。


場所は去年と同様、山形の蔵王温泉スキー場


例年は回数行く分近場の新潟か、車で長野志賀高原に行く事が多いのだが、
昨年は雪不足の為、場所が新潟から山形へ変更。
しかし、予約窓口の人にも、


「雪あんまりないかもしれないですね…」


山形すらないのか?
あの、豪雪地帯だぞ?


心の中で1人ショックを受けた


しかし、
いざついてみると、滞在中ずっと吹雪


雪降って欲しかったが、何も吹雪じゃなくても…
目玉の樹氷もどれが樹氷かわからないほど…

今年こそリベンジせねば…



という事で、今シーズン初スキーに向けて
気合を入れ、
今まで先回しにしていた
スキー板のメンテナンスを行います。


まず、物置からスキー板を出す。


HEADのカービングスキー


この板も、もうだいぶ古いな~
一応去年チューンアップしてもらったけど、意味あったのかな


本格的にレースをやっていた方から譲り受けたものだが、重さがすごい重い


去年のワックス剥がして…
汚れ取って…


最後にワックス塗って…
ビンディング調節して


完全に素人で、知識もあまりないので、やれる事はこれくらいだ


よし、来週にはスキー便でホテル送ってと…
今回利用する山形新幹線つばさは車体幅が短い為車内もあまり広くなく
スキー板が置けない可能性があるので、事前に荷物は送っておいた方が安心だ。


伝票、伝票…


おっと、靴とストック忘れてた!


これも、もう古いな~


一応、磨く
ストック出して
というか、もう登山用のストックでもいい気がしてきたな…


なにはともあれ、メンテナンス(というレベルではないが…)終了!



後は、小物類を出して


グローブ… ウェア…ゴーグル… ヘルメット…


グローブ(メーカ不明)

何年か前にグローブに穴が空いているの見つけ、急きょ購入。
安めのを選んで買いました。


ウェア(Phenix)


ウェアはタイトに着るのが好きなので、小さめ


ヘルメット(アルピナ)

耳も暖かくて一石二鳥

ゴーグル(kissmark)

随分前に、春バーゲンで半額程で購入。
レンズ面が広く、視野が広く見えるので結構気に入っている



よし、こんなもんかな


1人満足して
後、二週間で蔵王に大量の雪が降る事を願うのだった…


(終わり)


山形駅もしくは蔵王温泉でおすすめのお土産等あったら
教えて頂けると嬉しいです!
(去年は山形駅でなぜか萩の月を買って帰りました…笑)



挨拶
ブログを始めてまだ日が浅いんですが、こんなにも皆さんに
反応頂けるとは思っていませんでした。
ありがとうございました!
来年もできるだけ皆さんに楽しんで頂けるよう引き続き更新して行きたいと思いますので
よろしくお願いします!
まだ仕事の方、年明け早々から仕事の方、学生の方、色々な方がいると思いますが
、皆さん良いお年をお過ごしください!


最後まで見て頂いてありがとうございました!

秩父の削られ続ける山 ~冬の武甲山登山②~

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます!


今回は、前回の武甲山登山の続きです。

武甲山


①はこちら


長者屋敷ノ頭を後にして、再び急登を登っていきます。


結構暑くなってきた…


さすがに、歩いていると暑さを感じるようになったので
フリースを一枚脱ぐ。


おお、結構上がってきたな


カメラのシャッターをパシャリ…


ここまで来ると、山頂から下ってくる登山客がちらほらと
すれ違うようになった。


もうすぐかな~


山頂まで五分の看板


そして…


着いた~


神社とトイレがある広場に出る


とりあえず、お参りをして、


山頂行くか~


山頂到着!


やっぱり冬はあんまり人多くなくていいな


しばし、写真撮影




お、秩父大橋見えるな~

羊山公園も…


下を見ると…


おお、採掘してる!
よく、こんな断崖絶壁で作業できるな…
重機バランス崩して落ちたりしないのかな


そろそろ、腹も減ってきたので
神社まで戻ってきて、昼食を取る


昼食を食べながら、上空の綺麗な雲を撮影

40分程休み、
12時頃下山開始


鍾乳洞見学したいし、早く下ろう…


来た道を2時間程で下る


はあっ、やっと下山!

早速、鍾乳洞の入り口を探していると…


「冬季閉鎖中」


まじか…
ちょうど一週間前から冬季閉鎖中だったらしい


春にまた来るか…
あきらめて、駅の方面へ歩く


14時過ぎ
浦山口駅到着

30分待ち…


タイミング合わず、
自販機でコーヒーを購入して電車待ち。


その後、
電車に揺られ、帰途に着く


やっぱ、次は冬の富士山見たいな…
山梨方面行くか…


次の山行のプランを考えつつ帰宅しました。


(終わり)


今回は、普段下山で使うルートを往復したが、
登りとなると、こちらの方が道が険しく急斜面が多い感じでした。
しかし、この時期は人が少なく、快適に登れるので満足できました。



武甲山に登るなら、横瀬駅から登って、浦山口駅に下山するルート
をお勧めします↓ 
(要、一の鳥居までタクシー移動…体力に自信あれば徒歩でも可能)


秩父は、登山しない方でも観光できる場所が多いうえに、
都内からのアクセスもいいので、ぜひ一度来てみて下さい!



最後までブログを見て頂いてありがとうございました!

秩父の削られ続ける山 ~冬の武甲山登山①~

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます!



さて
今回も前回に続き、山登りシリーズです


前回の山行はこちら↓





久しぶりの伊豆ヶ岳プチ縦走を終えた帰り、
次なる山を、奥武蔵山域
これもまた気に入っている山、秩父の武甲山に絞った自分。

武甲山


この山、標高は1304メートル
石灰が採掘できるため、かなり山が削られて
今では、36メートルほど低くなっている…


登山ルートは、西武秩父線の横瀬駅から登るコースと
秩父鉄道の浦山口駅から登るコースがある。
(上の写真は横瀬駅からのルートのもの)


12月17日(土)

早朝5時に家を出発

最寄りの高崎線の駅、宮原駅に向かう



いつもは横瀬駅から登り始めるが、こちらのルート
駅から登山口まで1時間50分ほど、石灰の工場が並ぶ舗装路を歩かなければいけない。


人数で来る登山者は駅からタクシーを使うのが普通だが、
自分はいつも舗装路を歩いていた。
(タクシー代3000円をケチっていた…)


登山口に着く頃には既に結構疲れているのだが、


それよりも、空気の悪い石灰の工場群を歩くのはしんどい…
(変わった建物なので、工場マニアの方にはたまらない光景であろうが…)

そこで、今回はいつも下山で使う秩父鉄道側のルートの
浦山口駅からピストンで登る事にした。



熊谷駅で秩父鉄道に乗り換える。
SL乗り場の看板を見て、


SLもいつか乗ってみたいな~
(予約は全然取れないらしい…)


三両編成の電車に揺られること1時間30分



8時5分
浦山口駅に到着

他に登山客が2,3人。


やっぱり、冷えるな…

この時期の、この時間はさすがに寒い。
冬用グローブやフリースを着込んでいるが、それでも立ち止まっているとかなり寒い


念の為、熊鈴を付けて…
(武甲山近辺は熊が多く生息しているらしい…)



いざ、出発!



秩父鉄道の高架をくぐり、秩父湖方面と表示がある方面へ…


しばらく舗装路を上がると細い林道に入り、歩くこと10分。


目に前に神社と鍾乳洞がある。

武甲山



…帰りに寄ろうかな


そのまま通り過ぎ、しばらく右に川を見て進む砂利の山道

武甲山


動いてれば何とか寒くないかな…


と、
後ろから先ほど駅で一緒になった単独登山者の方が…


「こんにちは!」


あっという間に過ぎ去り、見えなくなる。


は、早い!
いや、自分は自分のペースで…


少し日が昇ってきた

武甲山



ふと道端を見ると…

武甲山



お、つららだ…
通りで寒いわけだ。


しばらく、道を行くと川を渡る橋があり、川の右側へ…
小さい滝だけど流れが綺麗だな~

武甲山


そして、やっと登山道入り口へ。


水分補給をして出発!

登山道を進んでいると…

武甲山


橋だ!


結構流れが速い川に、簡易的な橋が架かっている。
増水時は渡れないらしい。


落ちたら結構流されるな~


橋を渡ると、ここからはひたすら急登が続きます。
相変わらず無駄に重いザックを背負って…


はあはあ…(いつもの息切れ)


1時間後…


やっと尾根出た~


日もだいぶ上がってきて空もきれいなブルーだ


と、


ズボ!


足を突然取られる…
足元を見てみると…


霜か!
ていうか、土が20センチくらいあがってる!
もはや、針みたいな細い氷になってるし…


ここからは、ずっと歩きづらい霜の尾根道を登って行く。


少しづつ標高を上げて…


しかし、人と全然会わないな…
こっちの裏登山道を、登りで使う人はあんまりいないのか…


10時14分
長者屋敷到着!

ここで、少し休憩


しかし、屋敷なんてないよな~

ここは長者屋敷という場所、しかし…
あるのは、石灰採掘時の発破の際、避難するプレハブの小屋があるだけ。
左には、採掘の為廃道になった元登山道。
右には、バリエーションルート。


てか、落石とか木の倒木を避ける為だよな…
こんな小屋で大丈夫か?


そんな事を思いながら、まだまだ続く
目の前の急登を再び登って行くのだった…


長くなってしまったので②へ続きます



最後まで見て頂いてありがとうございました!