アウトドア好き こうすけの山ブログ

アウトドアな事が好きなこうすけによる初心者山ブログです。
他に、自転車やスキーについても紹介します。

秩父の削られ続ける山 ~冬の武甲山登山①~

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます!



さて
今回も前回に続き、山登りシリーズです


前回の山行はこちら↓





久しぶりの伊豆ヶ岳プチ縦走を終えた帰り、
次なる山を、奥武蔵山域
これもまた気に入っている山、秩父の武甲山に絞った自分。

武甲山


この山、標高は1304メートル
石灰が採掘できるため、かなり山が削られて
今では、36メートルほど低くなっている…


登山ルートは、西武秩父線の横瀬駅から登るコースと
秩父鉄道の浦山口駅から登るコースがある。
(上の写真は横瀬駅からのルートのもの)


12月17日(土)

早朝5時に家を出発

最寄りの高崎線の駅、宮原駅に向かう



いつもは横瀬駅から登り始めるが、こちらのルート
駅から登山口まで1時間50分ほど、石灰の工場が並ぶ舗装路を歩かなければいけない。


人数で来る登山者は駅からタクシーを使うのが普通だが、
自分はいつも舗装路を歩いていた。
(タクシー代3000円をケチっていた…)


登山口に着く頃には既に結構疲れているのだが、


それよりも、空気の悪い石灰の工場群を歩くのはしんどい…
(変わった建物なので、工場マニアの方にはたまらない光景であろうが…)

そこで、今回はいつも下山で使う秩父鉄道側のルートの
浦山口駅からピストンで登る事にした。



熊谷駅で秩父鉄道に乗り換える。
SL乗り場の看板を見て、


SLもいつか乗ってみたいな~
(予約は全然取れないらしい…)


三両編成の電車に揺られること1時間30分



8時5分
浦山口駅に到着

他に登山客が2,3人。


やっぱり、冷えるな…

この時期の、この時間はさすがに寒い。
冬用グローブやフリースを着込んでいるが、それでも立ち止まっているとかなり寒い


念の為、熊鈴を付けて…
(武甲山近辺は熊が多く生息しているらしい…)



いざ、出発!



秩父鉄道の高架をくぐり、秩父湖方面と表示がある方面へ…


しばらく舗装路を上がると細い林道に入り、歩くこと10分。


目に前に神社と鍾乳洞がある。

武甲山



…帰りに寄ろうかな


そのまま通り過ぎ、しばらく右に川を見て進む砂利の山道

武甲山


動いてれば何とか寒くないかな…


と、
後ろから先ほど駅で一緒になった単独登山者の方が…


「こんにちは!」


あっという間に過ぎ去り、見えなくなる。


は、早い!
いや、自分は自分のペースで…


少し日が昇ってきた

武甲山



ふと道端を見ると…

武甲山



お、つららだ…
通りで寒いわけだ。


しばらく、道を行くと川を渡る橋があり、川の右側へ…
小さい滝だけど流れが綺麗だな~

武甲山


そして、やっと登山道入り口へ。


水分補給をして出発!

登山道を進んでいると…

武甲山


橋だ!


結構流れが速い川に、簡易的な橋が架かっている。
増水時は渡れないらしい。


落ちたら結構流されるな~


橋を渡ると、ここからはひたすら急登が続きます。
相変わらず無駄に重いザックを背負って…


はあはあ…(いつもの息切れ)


1時間後…


やっと尾根出た~


日もだいぶ上がってきて空もきれいなブルーだ


と、


ズボ!


足を突然取られる…
足元を見てみると…


霜か!
ていうか、土が20センチくらいあがってる!
もはや、針みたいな細い氷になってるし…


ここからは、ずっと歩きづらい霜の尾根道を登って行く。


少しづつ標高を上げて…


しかし、人と全然会わないな…
こっちの裏登山道を、登りで使う人はあんまりいないのか…


10時14分
長者屋敷到着!

ここで、少し休憩


しかし、屋敷なんてないよな~

ここは長者屋敷という場所、しかし…
あるのは、石灰採掘時の発破の際、避難するプレハブの小屋があるだけ。
左には、採掘の為廃道になった元登山道。
右には、バリエーションルート。


てか、落石とか木の倒木を避ける為だよな…
こんな小屋で大丈夫か?


そんな事を思いながら、まだまだ続く
目の前の急登を再び登って行くのだった…


長くなってしまったので②へ続きます



最後まで見て頂いてありがとうございました!

奥武蔵を歩く ~伊豆ヶ岳から子の権現へ続く道②~

こんにちは!
今回は伊豆ヶ岳登山編パート2です。


①はこちら↓



伊豆ヶ岳山頂を後にした自分は
子の権現方面の縦走路を進む…
急斜面の道は荒れていて歩きづらい、


はあはあ…  (相変わらず息切れ)


11時16分
古御岳到着!

ベンチがあったが結構時間もギリギリなので先を急ぐ…


11時58分
高畑山到着!


ん~まだ雲多いな…



ここで、同じく縦走中の夫婦(?)と話しました。
何と、毎週山登ってるとの事…
す、すごい…


しばらく歩くと極地的に木が切られていて景色の開けた地点へ


まだ曇ってるな~



しかし、山に微妙に雲がかかっている景色も幻想的で好きだ


ここからまた、滑りやすい土の急登を下って行く




12時58分
天目指峠到着!


結構疲れた…
ここで、しばしの休憩
朝、購入したチョコレートで糖分補給


ここから子の権現まで1時間くらいあるが、もうお昼にしょうか…
いや、我慢しよう!景色がいい所で食べたい!



ここまでも結構急登続きだったが、ここからさらに急になります。


ペース落そう…


しかし、狭い登山道
後と前から人に挟まれ、なかなか自分のペースで歩けない…
やっと広い場所に出て先に行ってもらう


ふと左を見ると…

おお、景色いい!


やっと雲が切れはじめ、山々の景色が現れ始める。


しばし、写真撮影


「ゴーン!」
お、?


だんだん鐘の音が聞こえ始める
もうすぐかな?


それから、20分後…(意外に時間かかりました…)
やっと竹寺との分岐に到着!


ここまでくればあと少し…


着いたー!


14時2分
子の権現到着!


ここまで5時間くらい…
意外にかかったな…


何はともあれ、とりあえずお参り


ここは、足の健康の神社らしいです。


なので、境内の中には…

巨大なわらじ!
お守り等も販売している。
前回来た時には、足のお守りと
自転車のハンドル部分に付けられる輪っかになっているお守りを購入しました。


神社の裏の山には鐘と展望台があり、そこでやっと昼食


おお、綺麗だ!
スカイツリーは見えないな…
晴れてればスカイツリーも見えるそうです。


本日の昼食は袋ラーメン
コンビニで買ったソーセージなどを入れて食べました。


しばらく、景色を楽しみ時刻は14時50分を過ぎたくらい

そろそろ降りようか…


ここから西武秩父線の吾野駅までは1時間20分程かかる。
ゆっくりし過ぎると真っ暗になってしまう。



この舗装路の右側からまた山道に入ります
まっすぐ行くと西吾野駅


しばし、山道を下り、
再び舗装路に出た所には…

浅見茶屋があります
江戸時代からある家屋をそのままCafeにしているお店で
色々な所で紹介されている有名店です。
今回は素通りの予定だったのですが…


さ、寒い!寒すぎる…


あまりの寒さで、結局店内へ避難し
席に着くなり、おしるこを注文。


無料の温かいお茶を飲みやっと落ち着く


店内はとても雰囲気がよく、さすが江戸時代からある建物を
そのまま使用している事だけはあります。


10分足らずで、おしるこが来ました



美味しい… 冷えた体が温まる…!
餅も柔らかく、小豆の粒も多くてとても美味しかったです。


おしるこで温まり、すっかりくつろいでしまったが
気づけば時刻は16時過ぎ…
やばい、ここから駅までは50分かかるから急がないと真っ暗になってしまう…


急いで会計を済ませる。


その後、舗装路を一心不乱に歩き、駅に着いたのは17時過ぎ
あたりは、すっかり真っ暗でした。


そして
帰りの電車の中…

ん~、駅から近くて高い山は…
よし、次はまた武甲山に登ろう…!
次行く山が自分の中で勝手に決定し
また1つ次への楽しみができて帰宅しました。


(おわり)


今回の山行は距離も歩けたので体力作りという面ではいい登山になりました。
念願の紅葉の撮影も果たせて満足した1日になりました。



子の権現や浅見茶屋は登山やらないお客さんも多くいたので、
近くに来た方は寄ってみてはいかがでしょうか。


最後まで見ていただいて、ありがとうございました!

奥武蔵を歩く ~伊豆ヶ岳から子の権現へ続く道①~

こんにちは!
今回のブログはまた山登りシリーズです。


前回、3カ月ぶりの山登り赤城山登山で
体力の低下を実感した自分…

まず、体力戻さないと…
とりあえず、距離歩くか…!


選んだコースは慣れ親しんだ地域
飯能市の奥武蔵山域、伊豆ヶ岳から子の権現へ巡る縦走コース


このコース、一般的にメジャーであろう高尾山などの縦走路と違い
登山道があまり整備されてなく、岩登ったり道がわからない急斜面があったりと
低山ながら結構ハードなコースなので登山気分が味わえて気に入っています。
(注意しないと簡単に道迷いますが…)


11月26日(土)
6時45分自宅を出発
大宮駅まで出て、そこから川越線・八高線・西武秩父線と乗り継ぎ、


8時57分 正丸駅到着正丸駅

意外に綺麗な駅で、トイレやコインロッカーも整備されています。



お手洗いと準備運動を済ませ…
9時10分登山開始

駅から、いきなり急な階段を降ります。
いつも思うんだが、なぜここは微妙に斜めなんだろう…
平行感覚おかしくなる…


登山道入り口までは、川沿いの舗装路を登って行きます。


ここで念願の紅葉が…!

すかさずカメラのシャッターを切る


30分ほど歩き、伊豆ヶ岳ショートカットコース正丸峠経由コースの分岐に到着


どっちから行こうか…


正直、正丸峠は何回も行ってるし、茶屋が一軒あるくらいだ
ショートカットコースでいいか… 時間も大して変わらないし…



登山道へ突入


…あれ、全然雪ないな…
3日前に降った雪で、雪道になってるかもと
気合入れて軽アイゼンまで持ってきたのに…


雪景色はどこえやら…
というか、前の2人早いな…


すっかり雪は溶け、登山道はぬかるんでドロドロ
いかん、スパッツを着けよう(ズボンの裾や靴の中に泥が入らないようにガードするもの)



だんだん急になります。


紅葉も綺麗です

伊豆ヶ岳


1時間後…


おお、道に雪がちらほらと…

…急な階段続きだな…(階段苦手)


五輪山到着!

しかし、曇ってて景色良くないな…
いや、きっと伊豆ヶ岳は景色抜群だろう!
(過去晴れてる景色を見た事なく、まわりはいつも雲の中)



男坂と女坂の分岐に到着(写真撮り忘れた)
ここは、崖をの登る男坂と、まきみちの女坂に分岐する場所
男坂は過去滑落事故で死亡した人がいることから自己責任で登れとのこと


…雪残ってるし滑るし女坂で行こうか
一瞬の迷いもなし


前を行く、ジーパンとTシャツの外国人集団は
テンション高く男坂の崖の方へ走って行く

そして…


10時48分
伊豆ヶ岳山頂到着!


おお、意外にペース早い!


景色は…

伊豆ヶ岳

視界ゼロ…
またもや伊豆ヶ岳山頂の絶景の撮影失敗

いやいや、今日は前回見れなかった紅葉を見に来たんだ!
自分に言いきかせ無理やり納得
気を取り直して先を急ぐ


これから続く急なアップダウンをイメージしつつ
子の権現方面の急斜面を降りていく…


長くなってしまうので
②に続きます


最後まで見て頂いてありがとうございました!