アウトドア好き こうすけの山ブログ

アウトドアな事が好きなこうすけによる初心者山ブログです。
他に、自転車やスキーについても紹介します。

なんちゃって沢登り ~飯能・名栗湖から棒ノ嶺へ②~

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます!


今回も前回に引き続き
棒ノ嶺登山のその②です!



ルートはこんな感じ↓


前回、沢を登るルートで棒ノ嶺山頂に到着したこうすけ。



強風ですごい寒い為、さっさとお昼ご飯を食べる事にします。


荷物を広げ…
あれ、バーナーの風除け忘れた…


強風の中ザックで風を防ぐが、気温も低いので中々沸騰しない…


さ、寒い…


苦労してお湯を沸かし、手袋ネックウォーマー装備の完全防備でお昼を食べる


食べ終わって時刻は、11時10分
あまりにも寒すぎるので、早めに下山する事に…


滝ノ平ルートでさわらびの湯まで下ります


山頂直下、凍っている道を下ります


中途半端に凍ってるのが一番嫌だよな…
アイゼン着けられるほど、
雪積もって固まってくれればいいんだけど…


ゴンジリ峠をさらに下って、岩茸石まで戻ってきました


ここの分岐、初めて来た時悩みました。
実は、この岩の後ろが河又さわらびの湯方面のルートなのですが、
ぱっと見わかりにくいです


しばらく細い山道を歩きます


舗装路に合流します



この辺りは、よくオフロードバイクの人がいるので注意が必要です。
登山道ではない山道で、バイクを楽しんでるみたいです。


よく怖くないよな…

友人に、マウンテンバイクで同じ事やってる人いるけど、
怖くてとてもできないな…


車道の反対側の道から再び登山道入ります



歩きやすい道を進み…


しばらく歩くと…


展望台のようなものが現れます
ここは、関係者以外立ち入り禁止なんですが、
どうやらラジコン飛行機をここから飛ばすみたいです。


そういえば、去年の夏登った時、ラジコン持ち込んでる人何人かいたな~


脇の道を下ります



再び、車道に合流


ここ、階段あるように見えますが半分より下は崩れていて
しかも、結構急です。


こんな感じ…


ロープなしだと、もう滑り台みたいに下るしかないんじゃないか…


また登山道に入り…




この後、意外に急な下りを先に進み…


もうすぐかな?


出口だ!


登山道出口


民家の横の庭に出ます。
ここも、ちゃんとした登山道です


右の赤い橋を渡り…


車通行禁止の急な舗装路を登って…


行き出発した、お手洗いや売店がある駐車場の横に合流


美味しそうな蕎麦屋を横目に見ながら…

中は結構盛況で、お客さんが沢山


この蕎麦屋
いつも気になるけど山頂でお昼食べちゃうから
入った事ないんだよな…



そして…


着いた~!


13時10分
さわらびの湯到着


料金は一回(3時間)800円
温泉で疲れてをとって、休憩室でまったり



ビール飲みたい…
風呂あがりにビール…

いや、家まで我慢するか…


結果…



ソフトドリンクで済ませ、しばし昼寝…


zzz……(昼寝中)


……あれ、今何時だ?

時計を確認すると14時35分
結構いい時間だ。


確か、14時56分のバスがあった気がするな



その後、
バスに揺られ帰宅して行くこうすけでありました…


今回は、温泉も目的もあった為、この山を選びました。
午前中は風が強かったですが、晴天に恵まれてとてもいい景色が見れました!
ただ、スゴイ寒かったのでさすがに長時間山頂にいる気力はなかったです…


(終わり)



今週は、戸隠の方へスキーに行ってしまうので山歩きは無しです。
スキーは大体いつも新潟か、長野の志賀高原・白馬に行くため、
戸隠にスキーしに行くのは初めてです。
いくつかスキー場があるみたいですが…
また、ブログで簡単に紹介したいと思いますので、お楽しみに!


最後までブログを見て頂いてありがとうございました!

なんちゃって沢登り ~飯能・名栗湖から棒ノ嶺へ①~

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます!


さて、
2週間ぶりの山歩き
今回は再び埼玉県内に戻っての山歩きです。


前日に迷いに迷って結局


目的地は…


棒ノ嶺


棒ノ嶺は標高969m、埼玉県飯能市の名栗渓谷
名栗湖から沢沿いに登って行く事ができる山です。


ここは何回も行ったことあって
こうすけの好きな山の1つです。


ルートはこんな感じ↓


きれいな温泉施設があるので
帰りに温泉に入って帰宅できます



2月19日(日)
JR東飯能駅からバスに乗り
さわらびの湯で下車


さ、寒い…
風が強いので結構冷える


7時55分
準備を済ませ、いざ出発!


まずは、舗装道路を登り名栗湖がある有間ダムまで歩きます



ここは、地味に斜度があるんだよな~


この道、車やバイクが結構なスピードで来るので注意が必要だ


有間ダム到着


名栗湖は有間ダムによってせき止められた人口湖です



ダムを渡り反対岸へ


ここ、夏にはバイク、スポーツカー、自転車の人でいっぱいになります



まずは、名栗湖左側を歩いて登山道入り口へ向かいます


やっぱり、日陰になると結構寒い…



20分程で登山道入り口に到着


ここから山道になります


はじめは歩きやすい道です


だんだん、細くなったり…


岩超えたりしながら…


沢に合流


わかりにくいですが、登山道はこの沢をまっすぐ登って行く感じです


ここからは沢を右左に渡りながら
沢の中を行きます



気を付けていれば問題ないですが、毎年何人かは落ちているので注意が必要


水かさの浅い箇所を狙って渡ります


進んでいくと…


この先は…


川と岩と滝が続きます


プチアスレチックみたいで、楽しんだよな~


だんだん険しくなってきます
(ここは、1度右側に渡ってから再び左側に巻いてく感じです)

(真ん中の人がいい感じの構図になっている…!)


たまに歩きやすくなったり…


この先を進んで行きます


これ、雨の次の日来たら岩場が滑って最悪なんだよな…


振り返ると、結構高度感あります


この辺が一番危ないかもしれません

去年、この奥の階段から落ちて亡くなった登山客の方もいます…



でも、幻想的で絵になるよな~



この上を登ります



崩れかけの階段?を慎重に登り



滑りやすい岩を進んで行きます



白孔雀の滝到着


まだまだ沢登りは続きます





丸太の橋渡ったり…



しながら…



階段を登り、やっと沢を離れます



この辺から、地面が凍っていて結構すべります



アイゼン着けるほどじゃないんだけどな…


1度道に合流します


やばい、これ想像以上に滑る…




やっと平らな道になります



実は、左後ろに棒の嶺の山頂が見えるんですが
大きく回って行く感じです



岩茸石到着


よく、この上に登って記念写真撮っている人もいます


凍っている尾根や…



階段を登り…



ゴンジリ峠到着



ここはベンチがあって休めます


意外に疲れたな…


でもここからは、後は40mくらい登るだけのはず…


もうすぐかな…?



10時30分
棒の嶺山頂到着!


おお、快晴で眺めいい!



最近のこうすけの山行
快晴率高いです
(その代わり、強風の日も多々ありますが…)


しばし、写真撮影…

ちなみに一番奥の山々の中央やや左くらいの
一部木がない白くなっているあたりが先日行った高山不動尊の近辺です。



……
寒い!
早くお昼食べよう!


風が強く長時間いるのはきつい為、さっさとお昼にします…



続く…



例によって、長くなったので②へ続きます


(終わり)

最後までブログを見て頂いてありがとうございました!

2016年・初夏の谷川岳登山

こんにちは!
いつもブログを見て頂いてありがとうございます!


先週の山行ですが急遽、仕事が入ってしまった為、
結局行けませんでした…


なんだかんだ、毎週山には行ってたので、今週は自然パワー足りなくて
週末までもつかどうか…



さて、そんなこんなで
何かネタになる事はないかと去年の写真を漁っていた所、
2016年一回目の谷川岳の写真が出てきたので少し紹介したいと思います!


お気づきかもしれませんが、
こうすけのブログのプロフィール写真の場所です


この時は、ブログを始めるとは夢にも思わなかったので
写真はすごい少なめです… ご了承ください


谷川岳…
関東の方だったら一回は聞いた事ある名前だと思います。
最近では、関越のサービスエリアも綺麗になったり…


この山、登山死亡者数がギネス記録になる程亡くなっていますが…
(800人くらいだったかな…?)
最近はロープーウェイができたので
登山初心者でも2時間半ほどで登る事ができます。
(このルートでも、毎年滑落死亡事故は起きてるのでご注意を!)


2016年6月上旬
関東近郊で高い山に登りたかったこうすけは
群馬の谷川岳に登ることに…



朝5時半 宮原駅
高崎線始発で高崎駅
そこから、上越線に乗り水上駅まで
水上駅からはバスで30分程


9時
谷川岳ロープーウェイに到着!


谷川岳は色々ルートがあるのですが、
初谷川岳のこうすけは、おとなしく天神平ルート
ロープーウェイを使います


ロープーウェイで山頂駅へ


この時、乗り合わせた他のグループの人が
超怖がっていたのが印象的でした


そっか、
普段スキー場でゴンドラとかロープーウェイとか乗るから
あんまり意識したことなかったけど、

乗らない人は怖いだろうな


15分ほどで山頂駅到着


ここで既に1300mくらい
基本的に、稜線を横に移動していく感じです


ここは、冬はスキー場になるので
結構開けてます(ちょうど今頃)


小さめのスキー場です


おお、目指す谷川岳が見えてるな!



ここから、リフトに乗って上まで上がっても登山道に合流するのですが
使わずに登りはじめます


はじめは、心地よい林道を歩きます


15分ほどで、リフト山頂からのルートと合流し
さらに、進みます


ちょっとしたガレ場を登ったりして…


熊穴沢避難小屋に到着


休もうか…
中見てみるか


案の定、満員だったので
そのまま進ます


だんだん、道が険しくなります


この時はまだ5月の上旬
山開き前だったので、渋滞になる事はあまりありませんでしたが
7月の山開き後は、富士登山並みに渋滞するらしいです…


結構急だな~
下りの方がしんどそう…


振り返ると、景色は最高です


もう少し雲切れて切れないかな…


雲がなくなる事を祈って、先を進みます



そろそろ、森林限界超えます



既に疲れ気味ですが、頑張って登ります


おお、だんだん見えてきた!



天狗のたまり場到着


ザンゲ岩


ここにある岩に登って一休み


記念に一枚


休憩終了後
きもちのいい稜線を進みます



先を進んでいくと…


お、雪だ!



この時は、6月上旬
まだ微妙に雪残ってます


肩の小屋手前の階段部分です


アイゼン着けてる人はあまりいなく
みんな滑ってます…


この時、買ったばかりのアイゼンを試してみたかったこうすけは…


よし、アイゼン着けよう!


快適に登っていきます


肩の小屋に到着(写真撮り忘れました…)


ケルンも見えます


2つの山頂の1つ、トマノ耳へ向かいます


見えている小屋が、肩の小屋です


トマノ耳到着!


写真ではあんまりわかりませんが、
雲が切れて最高の景色になりました




続いて、もう一つの山頂オキノ耳に向かいます



15分ほどで到着




綺麗だけど、落ちたら終わりだな…


稜線部分で、みんな食事をしているので
こうすけも、お昼にすることに…


ここで、事件が…


ガスをセットしいざ火をつけようとしたら…



あれ、点火装置着かないぞ…


カチッ… カチッ…


…あれ?


火が付かないのです


いや、落ち着け
こういうときの為にライターが…


…ない!


そして、いつも入れているはずのライターも忘れたのです
(こうすけは煙草吸わないので、山行時にしかライター持たないのです…)


どうしよう…


結果
水をカップラーメンに入れ
時間多めに待つことに


カップラーメンにしているフタ…
見せかけで、実際にはまったく意味ないです


水ラーメン
あんまり美味しくない…


教訓
ライターは持ち歩きましょう!


昼食後、
下山開始
結局14時半くらにはロープーウェイ乗り場まで戻ってきました


そのまま15時50分くらいのバスで水上駅へ


埼玉へ帰って行きました…




谷川岳は危険危険と言われますが
ロープーウェイを使うルートは比較的初心者向けで
小さな子連れのファミリーも登っていたりしてました。

(本当はオススメしませんが、スニーカーで登っている人も…)
あくまでも、登山初心者むけなので…


気を付けるにこしたことはありませんが、森林限界が低い谷川岳
2000m以下の山ですが、晴れれば素晴らしい景色が見られます。
今は完全に冬山ですが、5月下旬から6月上旬には雪も溶け

山開き前なので、人も少なめで、一番いい時期かと思います!
山登らない人も、ロープーウェイだけ乗って山頂の景色を楽しんでいる人も
沢山いました!


ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか!






そして…
今週末こそは山に行きたいです…

(終わり)

最後までブログを見て頂いてありがとうございました!